検査方法と一般的な治療期間

治療方針を決めるための検査 不妊治療を始める前に男女双方が受けなければならないのが検査であります。検査結果に基...続きを読む >

千差万別な治療方法と費用

不妊治療ときけば、痛い、しんどい、精神的にも追い詰められる長期間の戦いである、という情報が世の中には溢れていま...続きを読む >

体外受精は最後の砦

子宝に恵まれたいと思っていても、思う様に恵まれず悩んでいる夫婦は年々増えています。妊娠を希望する場合、まずは自...続きを読む >

一般的な治療の流れ

晩婚化が進み、結婚後不妊治療に取り組まれるカップルが多くなっています。一般的な夫婦生活を2年ほど送っていて、妊...続きを読む >

ピルを服用して生理周期を整える

ピルとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つが合わせられたホルモン剤のことを指します。服用すると、脳下垂体に働き...続きを読む >

身体的、精神的な辛さ

望めば子供は授かると思っている人はとても多いです。しかし、最近は不妊で悩んでいる夫婦はとても多くなっています。...続きを読む >

漢方で自然妊娠に導く

漢方での不妊治療では、不妊につながる問題を漢方薬で解決することで、自然妊娠に至るように導く方法をとっています。...続きを読む >

男性不妊と治療による夫婦関係

男性不妊も増えている 女性の体はデリケートだとやたら喧伝されていますが、実は男性の体だって大変デリケートにでき...続きを読む >

助成金の年齢制限

助成金には年齢制限がある ライフスタイルの変化と女性の社会進出によって女性の出産年齢の高齢化が進んでいます。高...続きを読む >

費用面の負担を補助する助成金と健康保険

助成金の出る不妊治療 医療機関で行われる不妊治療には大きく分けて3つの治療法があります。一般不妊治療、人工授精...続きを読む >

積極的に摂りたい栄養素

重要な食生活と栄養素

自分の子供を産みたいと思うことは人間にとってごく自然なことであり、本能です。避妊をやめればすぐに妊娠できると思って子作りをしても、実際にはなかなか授からなくて気持ちばかり焦ってしまうということがあるかもしれません。

人間はもともととても妊娠しにくい生き物で、体の機能に問題のない健康な男女がもっとも妊娠の確率が高まると言われている排卵日付近に性行為をしても、授かる確率はわずか20%ほどしかないのです。

日本では2年以上夫婦生活をしても子どもを授からない場合を不妊と定義づけていますが、最近は2年を待たず不妊治療をする夫婦が少なくありません。不妊治療は医師の指導に従うことが大切なのはもちろんのこと、食生活も重要になってきます。

特に胎児の正常な発達に欠かせない葉酸は妊娠が成立する以前の段階から積極的に摂取するのが望ましい栄養素です。

葉酸はその名の通り、葉物野菜に多く含まれています。最近では牛乳などでも葉酸が入っているものもありますし、おやつ感覚で葉酸を摂取できる食品なども数多く販売されています。また、食事から摂取することが難しければサプリメントを利用すると良いでしょう。

とにかく、出産は年齢を重ねるごとに、リスクが増える。という現実があるので、赤ちゃんが欲しい!と思ったら、出来ることは何でも実践する。という意気込みも必要なのではないかと思います。

もちろん、時間的な余裕だったり、経済的に難しいこともあるでしょう。不妊治療や妊活のために、どこまでやるかを、ご夫婦で話し合って、後悔しない選択をして欲しいなと思います。

不妊治療は人によっては先が見えない治療ですが、食生活に気をつけ、バランスの良い体を作ることが妊娠への近道になります。

マカや亜鉛など不妊に有効な成分

不妊治療を行うためには、マカを摂取することが効果を発揮してくれます。不妊の原因にはさまざまですが、その中に基礎体温の減少があります。

普段の体温が低下してしまうと、体内の妊娠に必要な機能が低下してしまうために、生殖活動を行うことが難しくなってしまうのです。マカにはこれらを解消するための成分が多く含まれているために、不妊治療に有効なのです。

マカには亜鉛とアルギニンが含まれています。亜鉛は肝臓の働きを良くし、アルギニンには成長ホルモンの分泌量を増やしてくれる働きがあります。どちらも不妊治療においてはとても大切な働きになります。

肝臓の働きが不妊治療で重要なのは、肝臓においては体内のエネルギーの生産を行う場所であり、またたんぱく質の合成を行う場所であるからです。エネルギーの生産量が充分であるのならば、基礎体温を上昇させることができ、妊娠しやすい状態にすることができます。またたんぱく質の合成は、内臓の機能を良好にするためには欠かせない働きとなります。

成長ホルモンが重要なのは、細胞を回復させる働きがあるからです。細胞が傷ついた状態であると、体が弱ってしまい、妊娠を行うことができなくなってしまう状態になってしまうのです。